嫌われる勇気を持て

「嫌われる勇気を持て」

人間関係を円滑に構築するには人と仲良くする姿勢が大事だ。

誰でも人は図星なことや自信や考えを否定するようなコメントを言われると機嫌を損なう。だからこそ場の空気を壊さないために、踏み込んだ発言をしないことは世代関係なく求められている。

その中で、部活なり会社なりチームなり集団での活動となった場合、お互い機嫌を伺い過ぎてしまうと活動は停滞してしまう。

集団をより高いレベルへと引き上げるために、それぞれが不満点や改善点をしっかりと述べ、理解し、同じヴィジョンを持つなどして、寄せ集めの集団から洗練された集団へと進化するための必要な過程であると思う。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加